永久凍結

Twitterアカウントは非常に稀ですが永久凍結されることがあります。永久凍結されると以下のように表示されます。

Twitter 永久凍結

基本的には通報されることが原因で、それによってTwitterの精査チームの審査が入り、永久凍結されてしまうことがあるわけですが、永久凍結を解除することはできないものなのでしょうか?

今回の記事では、永久凍結されてしまった場合の対処方法として、異議申し立ての方法などを解説していきます。

記事は下に続きます。




LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

Twitterの永久凍結とは

Twitter画像

Twitterの永久凍結とは、Twitterアカウントの利用者が明らかにスパムをするとか他のアカウントに悪影響を与えるなどして、存在しないほうが適切であると判断されたアカウントに対して、そのアカウント作成者ごとブラックリスト入りとなり、今後のアカウント作成も制限されてしまうことを意味しています。

永久凍結アカウントに表示される全文

Twitter 永久凍結

Twitterで永久凍結すると、上のように表示されます。

内容の全文を記載すると…

「慎重に審査したところ、ご利用のアカウントはTwitterルールに違反していると判断しました。そのため、ご利用のアカウントは永続的に読み取り専用モードとなっています。つまり、ツイート、リツイート、いいねすることができません。新しいアカウントも作成できません。何らかの手違いの場合は、異議申し立てを送信できます。」

このように、一度永久凍結されてしまうと、そのアカウントは基本的に復活できないばかりか、新しいアカウントの作成すらも制限されてしまうのです。

新規アカウント作成が制限される

新規アカウントの作成すらも制限されます。しかし、ここらへんに関しては完全にその人をブラックリスト入りすることはできないために、抜け道は存在します。

その抜け道とは、基本的にどういった基準でその人を判断しているのかは公開されてないので、予想でしかないのですが、IPアドレスや端末を変える、回線を変えるなどすれば、また作れると思われます。

詳しいことはこちらの記事に記載しています。

参考:Twitterアカウントを何度作り直しても凍結される原因は?盲点となると停止条件も


永久凍結を解除するには

永久凍結を解除する場合、異議申し立てをするしかありません。そして、異議申し立てにより、明らかに間違った永久凍結だったとTwitterチームが判断したら、復活できる可能性があります。

具体的な異議申し立て方法は以下の通りです。

異議申し立て方法

まずはTwitterの異議申し立てをするページへアクセスしてください。

異議申し立てをする場合にはこちらから
アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする

こちらのページにアクセスをしたら、以下のようにして異議申し立てを進めてください。

  1. 最初に該当するアカウントにログインをする
    1. パスワードを忘れるなどでログインできない場合は、パスワードを変更するなどして対応する
    2. 凍結されてないアカウントの場合には「凍結またはロックされていないTwitterアカウントにログインしています」と表示されるので、凍結されたアカウントでログインし直してください。
  2. 「この問題はどこで発生しますか?」
  3. 「問題の詳細」に異議の内容を記載する
    1. Twitterのルールに違反してないと考える合理的な理由をしっかりと記載する
    2. 凍結解除された方の情報を聞いた感じだと、かなり長めの反省文を書いたほうが良いようです。もちろん、ただ単に「すみませんでした」ということを連ねるのはNG。自分がやった行為はルールのどの部分に引っかかったのかを推測し、それに対して自分はどう考え、どういった理由でそれに反してないのかを合理的に説明する文章を書いてください。
  4. 「あなたに関する情報」で氏名・Twitterユーザー名・メールアドレス・電話番号(任意)を記入する

以上のようにして送信をしてみてください。


まとめ

異議申し立て方法はかなり手間がかかります。

具体的に自分が間違った行為はしていないということを誰が見てもわかるように文章を書かないといけません。

色んなパターンを見る限り、合理的な理由が書けた人で、ある程度許容できるレベルの違反だった場合に凍結解除されたことがあります。

時間をかけても良いので、しっかりとした文章を考えてから提出するようにしてください。

■もっと詳しく調べる
Twitterの仕様・使い方まとめ