YouTube アイコン

YouTubeでは初期設定でスキップする秒数が10秒に設定されています。実はこのスキップ送り、スキップ戻しする秒数は変更することができるんです。

YouTubeでは、スキップ送り・スキップ戻しの秒数は、5秒、10秒、15秒、20秒、30秒、60秒から設定が可能です。

今回の記事では、スキップする秒数を変更する方法を解説します。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

スキップする方法

スキップ

YouTubeでは設定されている秒数をスキップすることができます。スキップはもちろんスキップ送りとスキップ戻しが可能です。

スキップ送りは、設定された秒数を早送りすることです。

スキップ戻しは、設定された秒数を巻き戻しすることです。

いずれも設定する秒数を変更可能です。

スキップ送りのやり方

YouTube スキップ

スキップ送りは、画面を一時停止中・再生中のいずれでも可能です。画面の右側をダブルタップするだけでできます。

※ダブルタップとは、2回連続で画面を指で軽く叩くことです。

成功すると、以下のように設定された秒数が早送りされたことが確認できます。

YouTube 10秒スキップ

スキップ戻しのやり方

スキップ戻しは、画面を一時停止中・再生中のいずれでも可能です。先程とは異なり、画面の左側をダブルタップするだけでできます。だいたいですが、以下の画像のような箇所をタップしてください。

YouTube スキップ戻し

※ダブルタップとは、2回連続で画面を指で軽く叩くことです。

成功すると、以下のように設定された秒数が巻戻されたことが確認できます。

YouTube スキップ


スキップの秒数変更方法

スキップの秒数は変更可能です。自分の使いやすい秒数に設定してみてください。

設定方法は以下の通りです。

まずはYouTubeアプリを開き、ホーム、登録チャンネルもしくはライブラリのタブを開き、右上の「自分のアイコン」をタップします。そして、「設定」を選択してください。

YouTube スキップ

 

設定画面で「全般」を選択し、その後、「スキップ送り/戻し」をタップしてください。

YouTube スキップ

 

最後に、秒数を選択してください。

YouTube スキップ

以上で設定が完了となります。


まとめ

YouTubeでは動画を見たい箇所までスキップを使って早送りしたり、巻き戻したりすると便利です。

その際に、スキップする秒数を変更することができます。

より細かくスキップしたいというのであれば、PCを使ってコマ送り・コマ戻しも可能です。

参考:YouTubeでコマ送り再生する方法(PC・スマホ)できない時の対処法も

 

■もっと詳しくYouTubeを調べる
youtubeの仕様や使い方まとめ