Amazonで開封済み・使用済み商品を返品できる?期限や返金手数料等
VOD君

Amazonから届いた商品を開封してから「やっぱり返品したいな」なんて感じた事ってないかな?楽しみにしていたのに実物を見てどこか冷静になってしまう瞬間もあると思う。

そんな時にふと疑問に感じるのが「開封済みの商品はそもそも返品可能なのか?」といった部分だと思います。Amazonもといマーケットプレイスで出品している方の大切な売り物ですから、仮に商品に傷をつけていなくても心配になりますよね。

管理人通常

そこで今回は、開封済み・使用済み商品の返品の可否について解説していくわよ。また、返品期限や手数料に関してもお伝えするから、ぜひ参考にしてみて。

記事は下に続きます。

LINEのKeepでタグ付け・削除・編集
LINE コンテンツ画像削除
LINE 動画保存
LINE LIVEフォト オフにする
LINE コンテンツ
LINE アルバム 保存
LINE KEEP

Amazonで開封済みの商品を返品することは可能

Amazonは開封済み商品も返品可能

まずは開封済み(未使用)の商品に関してですが、返品自体は可能です。

ただし、この際に返金される額は購入金額の50%となります。開封しただけで商品に一切触れていない場合でも全額返金にはならないので注意してください。

VOD君

なお、購入した商品が「消耗品」に分類されているアイテムだった場合は、開封した時点で返品も返金もされなくなるので覚えておいてね。

開封済み 未開封
返品 対応 対応
返金 購入金額の50% 全額返金

上記の消耗品を初めとした例外を除けば、仮に開封してしまったとしても返品・返金は可能です。

ただし、開封すると返金額が半分になるので、全額返金を希望する場合は未開封の状態で返品するよう心掛けてください。

Point

もしも商品の不具合によって返品せざるを得ない状況になった場合は、開封していても全額返金が適用されるケースがあります。

「開封済み」に判定される主な基準

さきほど説明した通り、ジャンルによっては開封済みだと返品できない場合があります。ただ、どこからが開封済みでどこまでが未開封商品にあたるのか、具体的な基準が知りたい方も多いと思います。

そこで、こちらではAmazonが定めている「開封済みに該当する状態」を紹介しますね。

VOD君

以下に当てはまるとAmazonから開封済みと判定されるよ。

  • メーカーによる梱包(商品の箱)が開封・破損している
  • 商品のタグがカットされている
  • ケーブル・コード類を固定するワイヤーが外されている
  • 各部品のビニールが開封されている
  • 返送時に意図的に商品に傷が付くような再梱包がされている
  • 商品に使用した形跡がある

購入者理由によって返品した場合、どうしても返金額が下がってしまうため、未開封の状態に近い再梱包をする方もいらっしゃいます。ですが、Amazon側がチェックして開封済みと判断された場合は50%の返金になる可能性が高いですね。

使用済み商品は返品条件が細かい

使用済み商品も返品可能

結論からお話しすると使用済み商品であっても返品する事は可能です。「商品が届いて試してみたけど何か違うな…」なんて時も返品できるわけですね。

例えば、洋服・靴・バッグなどを実際に試着したとしても、サイズ違いや初期不良があった場合、そのまま返品できます。

しかし、「開封済み・未使用」の状態に比べると返品条件が細かく設定されるため、自分自身が購入した商品がどういった条件下で返品可能なのかを確認する必要があります。

ジャンル 条件
服&ファッション小物,シューズ&バッグ しわ,たばこ等の匂い,ソールの汚れ,傷があると返品不可
腕時計・ジュエリー 電池シートを外す,購入者による充電があると返品不可
30万円を超える高額商品
※腕時計・ジュエリーを除く
未開封かつ未使用品以外は返品不可

上述した内容は、各商品ジャンルごとにAmazonが定めている返品条件の一部となります。これら以外の商品でも条件が設けられているため、使用後の返品を検討されている方は必ずAmazon公式サイト「返品・交換の条件」をご確認ください。

マーケットプレイス商品は返品を断られる場合がある

ご存知の通り、Amazon内にはAmazonとは無関係の個人・法人が商品を出品できるマーケットプレイスが存在します。

出品者の方達は、Amazonに場所を借りて商品を販売している形になりますが、出品者によっては返金を断られるケースがあることを覚えておく必要があります。

商品説明欄に返品に関する注意事項が特にない出品者の場合でも、いざ返品を要求すると拒否されてしまう場合もあるのです。

管理人通常

とはいえ、出品者の立場は非常に弱いのが現状。出品者に対してAmazonが返品を受け入れてくださいと指示すればそれに従う必要があるのよ(マーケットプレイス保証)。仮に受け入れなかった場合、出品停止などのペナルティを受ける可能性も…

ただし、時間はかかってもAmazonにお願いすれば強制的に返品してもらえる…と考えるのではなく、出品者が記載している商品の状態をしっかりとチェックしてから購入するようにしましょう。

明らかに説明と違う状態の商品が届いたのであれば、マーケットプレイス保証を申請するのが最善だとは思いますが、全く問題の無い商品を購入者の都合で返品してしまうと少なからず出品者に損益がでてしまいます。

VOD君

そういった行為が蔓延すれば損益を補てんするためにマーケットプレイスの相場が上がり、いずれどこかで購入者側に負担がくる可能性もあるからね。もしもの時は返品したい…という方は、多少値段が高くてもAmazonが販売している商品を購入するのがベターだよ。

返品期限と返金手数料について

Amazonの返品期限は30日以内

返品期限は商品が到着してから30日以内となります。

なお、返品時に発生する「配送費用」をはじめとした手数料に関しては、返品理由によって購入者が負担するかAmazon側が負担するかが変わってきます。詳しくは以下の表をご確認ください。

返品理由 手数料
購入者の都合 購入者負担
商品の不具合/トラブル Amazon負担

※購入者の都合(お客様都合)による返品とは、あくまでも一例ですが、商品に不具合が無く「思っていたよりデザインが微妙だった」・「サイズ違い」などが該当します。

返品時に発生する手数料は基本的に配送料のみですが、上記の通り購入者都合により返品をする場合は配送料を全額負担する必要があります。さらに、開封済み商品であった場合は返金額が50%になることも忘れないようにしましょう。

返送期限を過ぎると返金額が20%減る

商品到着から30日以内に返送しなければいけない…と記載しましたが、実はこの期日を過ぎても返品することが可能です。

その代わりとして、到着から30日以降に返品した商品に至っては、返金額から20%減額されるという点も忘れてはいけません。

全額返金の場合だと返金額は80%。開封済み商品の場合だと重複して50%から30%に減額されてしまいます。

管理人通常

忙しくて返品を忘れてしまう時もあると思うけど、なるべく損をしないように早めに手続きを行ってね。

まとめ

返品期限 商品到着から30日間
※30日経過後は返金額20%減
開封済み商品の返品可否 返品可能
※返品不可の商品もアリ
使用済み商品の返品可否 返品可能
※返品不可の商品もアリ
返金額 ・購入者都合⇒購入金額の50%
・商品の不具合⇒全額
手数料の負担 ・購入者都合⇒購入者負担
・商品の不具合⇒Amazon負担
管理人ほほえみ

「開封済み・使用済み商品」の返品対応に関する説明はこんな感じね。Amazonが販売する商品に至っては大半の場合が返品を受け入れてくれるけど、商品の性質上拒否されるケースがあることも覚えておいて。