Instagramアイコン

instagram(インスタグラム)では、DM(メッセージ)で消える写真を送ることができます。

消える写真が送られた相手は、1度~2度見たら消えてしまって、見れなくなってしまうのです。また、送った側も見れません。

このようなDMで消えてしまう写真を再度見る方法はあるのか調べてみたので、本文にまとめます。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

「消える写真」とは

instagram(インスタグラム)ではDM(ダイレクトメッセージ)で消える写真を送ることができます。

「消える写真」の送り方

消える写真の送り方としてはDMにて

  • 1回表示
  • リプレイを許可

の2通りがあり、1回表示では相手が一度チェックしたら消えてしまいます。リプレイを許可では相手が2回チェックしたら消えてしまうものです。

消える写真の送り方はこちらの記事に詳しく記載しています。

instagramのDMで消える写真・動画の送り方!自分では見れない?

消える写真の種類

相手が写真を見れる回数で分類

消える写真の種類としては

  • 相手が1回見たら消える写真
  • 相手が2回見たら消える写真

というように相手が何回見れるかによって分類することができます。

自分が写真を見れる回数で分類

また、もう一つの分類方法としては

  • 自分が送った写真を1度も見れない写真
  • 自分が送った写真を1度だけ見れる写真

というように自分基準で分類することもできます。

「1回表示」と「リプレイを許可」で分類可能

これらについては「1回表示」で送った場合と、「リプレイを許可」で送った場合において、以下のように分けることができます。

送り方 自分 相手
1回表示 見れない 1回だけ見れる
リプレイを許可 1回だけ見れる 2回見れる

「1回表示」で送った場合は、自分では送った中身を見ることができず、相手は1度だけ見れます。

「リプレイを許可」で送った場合には、自分は1回だけ見れますが、相手は2回見れます。

「消える写真」の利用用途

消える写真は人に見られたくない写真を相手と一度だけ共有したいというような場合とか、証拠を残しておきたくない場合に使うことができます。

消える写真をもう一度見るには?

「1回表示」では再度見ることは不可能

インスタグラムのDMで「1回表示」にて写真を送信した場合には、相手は1度見たら再度見ることはできなくなります。

実際に試してみます。

相手とのDMメッセージ画面を開いてから、画面の左したにある「カメラアイコン」をタップします。

そうすると、画面は「撮影モード」に切り替わります。撮影モードで写真を送る方法としては2種類ありますが、今回は既に撮影して端末に保存されている写真を送る方法で紹介します。

別の送り方などはこちらに記載⇒instagramのDMで消える写真・動画の送り方!自分では見れない?

instagram 動画DM

先程のように操作すると、端末に保存されている写真や動画が一覧で表示されます。その中から相手に送信したい写真を選択してください。

選択をすると画面を編集することができます。今回は編集方法は省きますが、編集を終えたら「1回表示」に変更をしてください。

相手に送信するには、「相手のアイコン」をタップしてください。

インスタグラム 消える写真

以上のように行うと相手に1回だけ表示したら消えてしまう写真を送ることができます。

続いては、このようにして送った場合の相手から見た画面です。

送られてきた「▶写真を見る」をタップしてください。そうすると写真が再生されますが、画面の上部に導火線が出て今にも爆発しそうな様子が表示されています。

これが「消える写真」の特徴で、1回見たら消えてしまうので注意しましょう。

instagram 消える写真

見終わった後は以下の画像のように、「💣写真」の表示が薄くなってしまいます。こうなると再度見ることはできません。

インスタグラム 消える写真 見れなくなる

「リプレイを許可」ではもう一度見ることが可能

同様にして「リプレイを許可」で相手に画像を送った場合、1度見た後に再度見るチャンスが与えられており、2度目も見ることができます。

しかし、2度見た後は再度見ることはできなくなるので注意が必要です。

消える写真をスクショすると相手にバレる

このように消える写真は消えてしまうため、届けられた側でスクリーンショットをとっておきたいという需要は多いでしょう。

しかし、スクリーンショットを撮ってしまうと、相手にバレます。

どのようにバレるのかというと、写真を送った側の画面に以下のように表示されるからです。

インスタグラム 消える写真 スクショ

上のようにマークが出てしまうので、これによって送ってくれた側に「スクショをしたこと」がバレてしまうことになります。注意してください。

まとめ

結論として、送信側が「リプレイを許可」で送ってくれない限り再度画像を見ることができません。「1回表示」で送られてきた場合には1度見ただけで2度と画像を見ることができないのです。

また、保存しておきたいからと「スクショ」を撮ろうとするかもしれませんが、スクショを撮影すると相手にバレます。なので、事前にスクショしておくよなどと言える関係でない限りは、スクショはするべきではありません。

この点には注意をしておいてください。

■もっと詳しく調べる
instagramの使い方・仕様まとめ