Instagramアイコン

インスタグラム(instagram)のリールにはハッシュタグを付けて、検索にヒットしやすくすることができます。

しかし、ハッシュタグがうまく反映されないという不具合やエラーが起こることが稀にあります。

今回の記事ではリールにハッシュタグが反映されない原因や正しくハッシュタグを付ける方法、また1つのリールに何個までハッシュタグをつけることができるかを解説していきます。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

インスタグラムのリールにハッシュタグを付ける方法

インスタグラム(instagram)のリールにハッシュタグを付けるには、「キャプションを書く…」の部分に「#」を付けてキーワードを入力すればOKです。

具体的に画像で解説をしていきます。

まずは以下のようにリール投稿画面を開きます。

instagram リール

動画の撮影を終えて、編集などを完了したら「次へ」をタップして進めてください。

インスタグラム リール

リールにハッシュタグを付けるにはここからが重要です。

まず「キャプションを書く」の部分をタップしてください。そうすると端末のキーボードが出てくるので、「ABC」の部分をタップしてください。

インスタグラム リール ハッシュタグ

そして、「@#/&_」の部分を左にフリック入力してください。そうすると「ハッシュタグ#」が拡大表示されるので、そのままの状態で指を画面から離せば「#」が入力されます。

インスタグラム リール ハッシュタグ

候補が色々と出てきますが、今回は「#ブラウン」と入力してみましょう。「#」の直後に続けて「ブラウン」と入力します。それでハッシュタグが完成します。

インスタグラム リール ハッシュタグ

ハッシュタグと投稿内容をすべて終えたら右上の「OK」をタップした後、「シェア」をタップして投稿を完了させてください。

インスタグラム ハッシュタグ

インスタグラムのリールにハッシュタグは何個まで?

インスタグラムのリールに限らず、インスタグラムの投稿ではハッシュタグが最大で30個までと決められています。

ですので、それ以上付けることはできません。30個以内で有効に活用して、検索流入を増やすようにしましょう。

ハッシュタグが反映されない不具合の原因

ハッシュタグが反映されない不具合としては、

  • ハッシュタグを31個以上設定している
  • アカウント機能制限がかけられている
  • インスタグラムの不具合・障害

が考えられます。

それぞれについて補足します。

ハッシュタグは30個まで(31個以上はダメ)

インスタグラムではリールだけでなく投稿において、ハッシュタグとして設定することができるのは最大30個までです。そのため31個以上をハッシュタグとして設定することはできません。

31個以上となってないか確認して、不要なものを削除してください。

アカウント機能制限がかけられている

アカウント機能制限がかけられている場合、ハッシュタグが付けられないだけでなく、投稿すらできないというケースがあります。こういったときには機能制限が解除されるまで待つしかありません。

詳しくは⇒【Instagram】アカウント利用制限・一時停止されたら?解除方法を解説

アカウント制限がかかっている場合には、そのアカウント以外ならば通常にハッシュタグが付けられるはずです。他のアカウントにログインしてみて、リールでハッシュタグを着けることができるか確かめてみてください。

インスタグラムの不具合・障害

インスタグラム側の不具合の場合には、どのアカウントから投稿をしようとしてもハッシュタグが反映されない、ハッシュタグをタップしても反応しないという不具合が生じえます。

こういった場合には、Twitterで「インスタグラム 不具合」などと検索をしてみると、それに関連する内容をツイートしているユーザーが直近で多ければ、インスタグラム側の不具合と判断できます。

まとめ

インスタグラムでリール動画にハッシュタグが反映されない不具合としては、31個以上のハッシュタグを付けている場合やアカウント機能制限、インスタグラムの不具合障害が考えられます。

インスタグラムではリールだけでなく他の投稿も最大で30個までしかハッシュタグはつけることができません。