LINEオープンチャットが使えない

LINEで様々な方と交流が可能なオープンチャットですが、

  • 機能制限
  • 利用停止
  • アカウント凍結
  • 永久停止(永久凍結)

となってしまい、「オープンチャットが利用できなくなった…」という報告が相次いでいます。制限が軽い順に、機能制限>利用停止>アカウント凍結>永久凍結となっています。

実際に機能制限された方のコメントはこちら⇒コメント一覧

VOD君

この記事では、多くの方が気にされている「検索機能が使えない理由」や「機能制限の解除・復旧時期」について考察しているよ。

管理人通常

結論的には「一度アカウント機能制限がかかってしまったら解除されるまで待つしかない」という答えになってしまうけど、もしあまりにも理不尽なアカウント制限であればお問い合わせフォームから運営に連絡するっていう手もあるから下記の項目もぜひチェックしてみてね。

■参考
LINEへのお問い合わせはヘルプセンターへ【トラブル・不具合・エラー解決】

■オープンチャット使い方はこちら
LINEオープンチャットの使い方!具体的な活用方法やメリット・デメリットも

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

LINEオープンチャットが使えない理由と解決策

LINEオープンチャットが使えない

VOD君

「オープンチャットの機能制限」で悩んでいる方もいれば、オープンチャット自体が使えなくなって困っている方も居ると思う。そこで、この項目では症状別に対策を紹介しているよ。

オープンチャット自体が使えない

オープンチャットそのものが使えない・開けない理由としてリリース当初は「運営側が意図的に利用できるユーザーを絞っている」といった推測もされていました。

VOD君

いきなり全ユーザーに提供するよりも、徐々に提供範囲を広げていった方が利用状況の把握やトラブル防止にもなるからね。でも、これはリリース当初の話であって8月現時点では大半のユーザーが利用できる状態になっているよ。

そのため、オープンチャット自体が開けない方やアプリ内にオープンチャットの項目が見当たらない方は、LINEアプリを最新版にアップデートしてみて下さい。

ガイドラインに違反した利用をした

オープンチャットの利用ガイドラインに違反した利用をした場合には、オープンチャットの利用制限がかかります。

最悪の場合には、アカウント停止や永久凍結となり、オープンチャットの利用が一切できない状態にまで…。

ガイドライン違反となる行為は以下のようなものが挙げられます。

  1. 「出会い」を目的とする行為・LINE ID等の個人情報の投稿禁止
  2. 未成年の不健全な出会いや集まりの計画・勧誘の禁止
  3. 誹謗中傷・暴言・わいせつな投稿の禁止
  4. 著作権や肖像権・プライバシーを侵害する行為の禁止
  5. 荒らし行為、違法行為、その他の迷惑行為の禁止
    1. スタンプを連打することでこれに該当してしまう場合も見受けられます。

やってしまった行為によって一度で永久凍結されてしまったり、何度も繰り返しても解除されるなどケースは異なります。

こういったガイドライン違反に該当する行為をしてしまったのであれば、一定時間経過するのを待つしかありません。

どれくらいの時間かは運営側しか知る由もないのですが、早ければ数時間、長いと1ヶ月とかかかることも。詳しくは後述しています。

トークルーム検索・参加が出来ない

オープンチャットを開いても「トークルームが検索できない」・「そもそもトークルームに参加できない」といった報告が相次いでいますが、これは運営側があえて機能を制限しているためです。

オープンチャット上にも検索機能を削除したと公式による記載がありますね。

管理人通常

システム上の不備を改善するために機能の大半を制限しているんでしょうね。リリース当初に誰が見ても”不適切”な投稿が蔓延してしまったのが原因とみられているわ。

管理人悲しみ

LINE側が検索機能を制限している以上、無理やりトークルームを検索する事は出来ないわ。今は機能制限が解除されるのを待つことしか出来ないのよ。

満18歳未満のユーザーは検索機能が使えない

18歳未満でもLINEアプリならびにオープンチャットを利用することは可能ですが、検索機能は使えません。これは未成年者がトラブル・犯罪等に巻き込まれないためのLINE側の対策です。

管理人通常

また、一部の格安SIMを利用していと仮に18歳以上だったとしても年齢認証が行えないケースがあるわ。もしもアナタが利用している格安SIMが年齢認証を行えない時は大手キャリアやLINEモバイル等に変更する必要も出て来るわね。

トークルーム参加用のQRコードが読み込めない

トークルーム全般の機能は制限されているものの、今のところ自分がトークルームを作成する事は可能です。

そのため、「トークルームを探せないなら自分で作って招待すればいいのでは」と考えた方もいらっしゃると思います。結論をお話しするとこの手法でトークルームに参加できたユーザーも存在します。

しかし、招待用のQRコードを読み込んでも「対応していないか不正なURLです」といったエラーが出てしまうケースも。

VOD君

本来であれば、このエラーは既にトークルームが削除された時や非公開に設定している場合に表示されるモノだと思う。だけど、状況を考慮するに単純にこれも機能制限の一種だと感じるね。どちらにせよ、運営が対応するのを待つ必要があるかな。

利用制限が解除されるのはいつ頃?

オープンチャットの制限が解除される時期

さて、利用者の多くがシステムの復旧もとい制限解除を望んでいますが、各種機能が制限されたりアカウント停止や凍結された場合の解除・再開時期は公表されておらず、解除されるのを待つしかありません。

ただし、これまでの利用者の報告を見ている限り、

  • すぐに解除される場合
  • 1時間かかる場合
  • 1日かかる場合
  • 1週間かかる場合
  • 1ヶ月かかる場合

ど解除されるまでの時間はバラバラなようです。

上記でお伝えした通り、オープンチャットを利用していてモラルのない発言やマナーがなってない状況などでは機能制限がかけられたり、利用停止になってしまうことがあります。何度も同じ違反を繰り返したり、悪質な利用をしている場合ほど長く利用停止が続くような印象。

特に問題視されているのが「出会い目的」の投稿や利用です。

確かにLINEアプリの年齢認証は未成年をトラブルから守る役割は果たしますが、それだけで犯罪を止められるハズがありません。

現にオープンチャットの匿名性の高さが仇となり逆に出会い目的のトークルームが数えきれないほど乱立する事態となっていたので、それをどうにかするためにも出会いにつながるトークには相当目を光らせてチェックしていると思われます。

SNSでも「オープンチャット=危険性が高い」と認識する層は多くみられており、このネガティブなイメージを払しょくするための代替案を用意し、尚且つ安全性を高めるために、運営側も頑張っているのですが、その結果として不当に利用制限やアカウント凍結される場合もあります。

不当にアカウント利用制限・凍結された場合

利用制限やアカウント停止・凍結などの状況になったけれど、自分のオープンチャットでの行為に問題があったとは思えない…というのであれば、LINEのお問い合わせフォームから連絡をするっていう手段もあります。

■参考
LINEへのお問い合わせはヘルプセンターへ【トラブル・不具合・エラー解決】

上のページを参考にして、各種項目の選択部分では以下を選択してみてください。

  • サービス⇒オープンチャット
  • カテゴリ⇒トーク・ノート
  • 詳細⇒トークに送信できない・もしくはトークに参加できない
  • 発生しているエラーメッセージ
  • 発生している問題
    • 特定のトークルームに参加できない
    • すべてのトークルームに参加できない
    • その他
  • 問題が発生した日時
  • LINEアカウントの登録情報
    • 電話番号
    • メールアドレス
    • LINE ID
    • LINEの名前
    • 機種名
    • アカウントの作成時期
    • プロフィール画像の特徴

以上のようにして送信することで不当にアカウント制限にかけられたのであれば、解除されるケースもあるようです。

まとめ

オープンチャット自体が使えない/開けない LINEアプリを最新版にアップデートする
トークルーム検索が出来ない 機能制限が解除されるまで待つしかない
トークルームに参加できない原因 ・機能が制限されている
・非公開もしくは削除されている
利用制限が解除される時期 解除される期間は状況によって異なる
早いと1時間から遅いと1ヶ月以上も
不当に制限された場合 ヘルプセンターからお問い合わせ
管理人通常

オープンチャットの機能が制限されてしまうとせっかく楽しいLINEが一気につまらないものに。特に仲間と盛り上がっていたのであればなおさらその気持ちは強くなるはず…。

VOD君

残念だけど、LINEオープンチャットは一度制限されたら解除されるのを待つのが基本。1週間とかで解除されるケースもあるようですが、中には長期戦となることも・・

■詳しい使い方はこちら
LINEオープンチャットの使い方!具体的な活用方法やメリット・デメリットも