LINE 通報

LINEには通報機能があります。

通報機能は、出会い目的で絡んでくるウザい相手を通報したり、タイムラインで誹謗中傷された場合にそのメッセージを発信した相手を通報したりなどの用途で使われます。

最終的に、たくさんの方から通報されたり、悪質度が非常に高い場合では、相手のアカウントは削除や凍結されるということも起こりえます。

もちろん、必ずしも相手のアカウントは凍結・削除されるっていうわけではなくて、その迷惑行為がどのようなレベルなのかによっても異なります。最終的に判断を下すのはLINE株式会社で雇われて、そのメッセージなどを確認している人たちの判断でしょう。

さて、この記事を見に来たというのであれば、恐らく通報したい人がいるけれど、その人を通報したら相手にバレて報復されるのではないか?と恐れているからだと思います。

この記事では

  • 通報したらどういったデータを提出するのか?
  • LINEで通報したらどうなるのか?
  • 相手に通知されるのか?
  • 自分が相手を通報したとバレるのか?
  • 通報が間違ったのでキャンセルできないか?

の疑問や問題点についての解説していきます。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

通報によりLINE社に提出されるデータ

LINE 通報で送信される情報

通報することでLINE側にデータを提出することになります。

それらのデータはLINE側で「通報内容の確認」・「通報への対応」・「不正利用防止ツール開発を含む不正利用防止対策のため」に利用されます。また、上述した内容の目的達成に必要な範囲内で、乗務委託先に共有することもあるとのこと。

提出されるデータとしては通報する方法によって異なりますが、基本的には

  • 最近送受信した10件のトークメッセージ
  • 通報するトークメッセージとその前後に送受信した9件のトークメッセージ
  • 通報相手の情報(表示名・プロフィール画像・ステータスメッセージ等)
  • 通報者の情報(表示名・プロフィール画像等)
  • 通報するタイムライン投稿とその投稿に対するコメント
  • あなたをトークルームに招待したユーザーの情報等

などがあります。

こういったデータから判断がくだされるので、通報した相手に対してすぐに凍結やアカウント削除といった対策をしてくれるわけではありません。判断をするために色々と調査が必要になるので、時間がかかります。

通報したら相手はどうなる?

LINE 通報したらどうなる?

あなたが相手を通報した場合、相手はどうなってしまうのでしょうか?それには以下の場合が考えられます。

  • 何も起こらない・変化がない
  • 相手のアカウントが凍結・利用停止・削除される
  • 相手が警察に通報される

それぞれどのような場合に起こりえるのか考えてみました。

何も起こらない・変化がない

何も起こらないというのは、通報はされたけれど、それほど悪質でないと判断されて何も処分がくだされてないということです。

例えば、あなたに対してデートの誘いをしてくるうるさい男がいたとします。その人のことが嫌で通報したとしましょう。

これはあなたにとって迷惑なだけで、社会的に見てそこまで悪質とは言えません。ちょっとしたストーカー気質な可能性はありますが、何か実害がでたわけでもないので、処分はくだされない可能性が高いです。

相手とのトークルーム内から通報した際にLINE運営に送信される情報は以下4つとなります。

  • 通報した相手のアカウント情報
  • 通報したメッセージ内容
  • 通報したタイムライン内容
  • 通報した相手から過去に受信したメッセージ(直近10件)

冒頭でもお伝えした通り、通報を行ったからといって即刻アカウント凍結・削除にはなりません。

しかし、相手がみだらな画像を送ってきたり、何か犯行予告をしてきたのであれば、悪質であると判断されてアカウント削除されるなどが考えられます。

相手のアカウントが凍結・利用停止・削除される

これは相手のアカウントが相当悪質なことをしていたと判断された場合に起こりえます。そのため、通報したからといって、全員がこのようになるというわけではありません。

では、どのようなときにアカウント凍結・利用停止などがなされるのかというと、

  • なりすまし、乗っ取りなどの悪質なアカウント
  • 不特定多数にスパム行為をして、多数の人から通報された
  • 異性交際/出会い目的でスパムメッセージを送った相手に通報された
  • 1人の人にスパム行為をしたとしても、それが相当悪質だった場合
    • みだらな画像・公序良俗に反する画像
    • 犯行予告など

だと考えられます。

「スパム行為」や「異性交際/出会い目的のスパム」が原因でアカウントが凍結されるケースもありますが、複数人が通報する…という点がキーポイントになるでしょう。

LINEの内容をチェックしてから凍結・削除などの判断が行われるとはいえ、ユーザー1人が「この人はスパム行為をしています」と通報するより、十数人が特定のアカウントを名指しで通報した方が優先順位は高くなるハズです。

更に、犯行予告など本当に悪質だった場合、更にはなりすまし、乗っ取りなどで、相当な被害がある場合には、以下に説明する相手が警察に通報されることもありえます。

相手が警察に通報される

これは社会的に本当に悪質な場合です。

法律に反するようなことをした場合にのみ適用されると考えて良いです。ですから、通常の迷惑行為レベルでは、このようなことはありえませんが、犯行予告や、乗っ取りやなりすましでお金を騙し取るなどのことをしていた場合に適用されると考えられます。

実際にLINEは、警察をはじめとした捜査機関から情報開示請求を受けた件数を明らかにしており、2017年1月~2017年6月の間で計1400件以上の請求があったと公開。(日本国内の件数)

具体的には、LINE内で詐欺・暴行などの犯罪予告が行われていると通報があった場合に、捜査機関に情報を開示するとしています。

通報しても相手にバレない

LINE 通報してもバレない

通報しても原則相手にバレることはありません。

相手にバレる原因として考えられるのは、通報したことが相手に通知されるとか、相手から見て自分の表示がおかしいなどの場合でしょう。

この点について、実際に私の持っているアカウント2つで、もう片方のアカウントを通報してみました。その結果をご紹介します。

通報しても相手に通知はされない

まず前者について。

通報したことが相手に通知されるということはありませんでした。

それもそのはず、通報したことが相手に知られてしまったら、誰も通報しなくなります。そうすると、LINEアプリが不健全なものになってしまいます。

アプリとして健全なものを目指す上でも、通報はこっそりバレずにできるようになっています。ですので、この点から相手にバレるなんていうことはないのでご安心ください。

通報しても表示は変わらない

通報をしても原則、以下の点は通常時と変わらないです。

  • 相手を通報しても、相手は自分にメッセージを送れるし、通話もできる
    • 自分が相手のメッセージ・通話を見たら、相手に既読も付く
  • 相手を通報しても、相手は自分のタイムライン・ストーリーなどは見れる
  • 相手を通報しても、相手は自分のプロフィール画像を見れる

このように単純に通報しただけでは、普段どおりなので何も変化がないです。

もちろん、相手があまりにも悪質でアカウントが凍結されるようなことがあれば、相手はいきなりLINEにログインできなくなるということはあります。しかし、それでもあなたが通報したからという事実はバレません。明らかにあなただけを狙って悪質な行為をしていたのであれば、もしかしたら通報されたかも?と疑うくらいでしょう。

また、通報後に相手をブロックしたら、ブロックしたことにより相手にバレる可能性はあります。その点は次に記載します。

ブロックしたら最悪ブロックされたことがバレるだけ

通報をした後にブロックした場合、相手には通報したことはバレません。しかし、ブロックに関してはブロックされたことを確かめる方法があるため、それを実行されたら、自分が相手をブロックしたことがバレるかもことがあります。

ブロックの確認方法
LINEでブロックされたら?現時点で最も確実なブロック確認方法はコレ

しかし、通報したという事実はバレないので大丈夫です。

LINEで通報する方法

LINE 通報する

LINEで通報する方法には5種類あります

  • 友だちになってない相手を通報(知り合いかも?を経由して通報)
  • 友だちを問題報告フォームから通報する
  • 友だちをタイムラインの投稿から通報する
  • 友だちをトークルームからの通報方する
  • クリエイターズスタンプから通報する(iOS版のみ)

これらの詳しいやり方はこちらの記事で説明してあります。