TikTokアイコン

TikTokのプロフィールページにはリンクを貼ることができます。

そこから自分のウェブサイトに誘導したり、別のソーシャルメディアに誘導して、相乗効果を狙うことができるのですが、TikTokのプロフィールに自身のウェブサイトのリンクを貼っても、そこのURLから飛べないという現象が起こります。

また、「ウェブサイトを追加」という項目が表示されずに、ウェブサイトのURLを追加できないということも起こっています。

今回は

  • TikTokのプロフィールへリンクを貼る方法
  • リンクを貼っても機能しない(リンクから飛べない)
  • ウェブサイトの項目が表示されない場合の代替案

についてまとめました。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

TikTokのプロフィールにリンクを貼る方法

プロフィールにリンクを貼る方法としては、以下の2通りがあります。

  1. 自己紹介にリンクを貼る
  2. 設定項目からリンクを貼る

それぞれについて補足します。

自己紹介にリンクを貼る

自己紹介にリンクを貼る場合には以下のようにしてください。

1:プロフィール編集

TikTok プロフィール リンクを貼る

TikTokを開いたら「プロフィール」⇒「プロフィールを編集」と順にタップします。そして、「自己紹介」の部分をタップしてください。

2:自己紹介入力

TikTok プロフィール リンクを貼る

続いて、自己紹介を80文字以内で入力します。その際に、自分のウェブサイトなどのリンクを貼り付けましょう。その後「保存」をタップします。

ただし、このようにしてリンクを貼り付けた場合、リンクが機能しません。

TikTok プロフィール リンクが機能しない

 

設定項目からリンクを貼る

各ソーシャルメディアの設定項目からリンクを貼ることもできます。

各ソーシャルメディアとしては

  1. Instagram
  2. YouTube
  3. Twitter

の3つがあります。

Twitterの場合で解説します。

1:Twitterと連携

TikTok プロフィール Twitter

先程と同様にプロフィール編集画面にアクセスしたら、Twitterの「プロフィールにTwitterを追加」の部分をタップしてください。そして「アプリにアクセスを許可」をタップします。

2:Twitterアイコンが設定される

TikTok プロフィール Twitter

あとはプロフィールページに戻ってみてみましょう。そうすると、「Twitterアイコン」が追加されていることがわかります。そこをタップすると、Twitterアカウントへアクセスすることができます。


自己紹介にリンクを貼っても機能しない

自己紹介欄にリンクを貼ってもリンクは機能しません。

そのため、リンクを貼った場合、「コピーしてアクセスしてください」といったようにして誘導しないといけません。


「ウェブサイトを追加」が表示されない原因と対処法

ウェブサイトのURLを追加したいけれど、「ウェブサイトを追加」という項目が表示されない場合があります。

基本的には初期アカウントには「ウェブサイトを追加」が表示されません。ある程度ティックトックを使い込まないと使えるようにならないのです。

初期アカウントには表示されない

初期アカウントには「ウェブサイトを追加」が表示されません。

しばらく時間が経過するだけで表示される場合もあれば、表示されないこともあります。

もし表示されない場合を想定して、以下のような代替案を利用してみてください。

  • 自己紹介の部分にリンクを貼る
  • Instagram、YouTube、Instagramを一旦挟んでからウェブサイトへ誘導する

それぞれ補足します。

自己紹介の部分にリンクを貼る

TikTok プロフィール リンクが機能しない

自己紹介にリンクを貼ることはできますが、上述したようにリンクが機能しないです。そのため、直接誘導するっていうことができません。

そのため、リンクをコピーしてアクセスしてくださいなどと伝えるしかありません。

各SNSを挟んでウェブサイトへ誘導する

Instagram、YouTube、Instagramへのリンクを貼ることはできるので、それらを挟んでウェブサイトに誘導するというようにすれば、ウェブサイトへ誘導することはできます。

まとめ

TikTokは集客目的としても非常に使えるため、自分のウェブサイトや自社のホームページへのリンクを自己紹介文などで貼りたいという場合もあるはずです。

ウェブサイトを追加という項目は表示される場合とされない場合があるので、表示されないのであれば、自己紹介にリンクを貼ってコピーしてアクセスしてもらうか、各SNS(Twitter、Instagram、YouTube」を挟んでウェブサイトに誘導するようにしてください。

■もっと詳しく調べる
TikTokの仕様・使い方まとめ