LINE ブロックからのブロック解除

LINEでは相手とのトークルームで「メンバーがいません」と突然表示されることがあります。

こうなる原因としては、

  • 相手がアカウントを削除した
  • 相手から友達削除扱いを受けた
  • 相手が携帯端末の変更で引き継ぎがうまく出来なかった

ことなどです。

しかし、「メンバーがいません。」とか「Unknown」の相手だとしてもまだ相手のアカウントが存在していれば、再度連絡を取るテクニックを見つけました。

やり方は非常に簡単なので記事本文で紹介しているやり方を実施してみてください。

記事は下に続きます。

LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

相手を復活できる条件

今回の「メンバーがいません」と表示されたアカウントと再度連絡を取る方法ですが、原因によってできない場合があります。

基本的に「メンバーがいません」と表示される原因としては、以下の3つが現状では考えられます。

  1. 相手がアカウントを削除した
  2. 相手から友だち削除扱いを受けた
  3. 相手が携帯端末の変更で引き継ぎがうまく出来なかった

この中でも今回のテクニックが使える条件としては、2番と3番です。相手が自分を友だち削除してきた場合です。

つまり、こういった場合には相手のアカウントはまだ存在していることになり、相手のアカウントが存在していれば再度連絡を取ることができるんです。

1番は確実にアカウントはなくなっているので、相手と連絡を再度取ることはできません。

また、3番は場合によってはアカウントが引き継ぎ出来ているかもしれないですが、出来てない場合には新アカウントとなっているため、旧アカウントに連絡を取ることができなくなっています。

メンバーがいませんの相手と再度連絡を取る方法

上述したように、まだ相手のアカウントが存在している場合にのみ対応しているテクニックです。相手が完全にアカウントを削除している場合には再度連絡を取ることはできません。

やり方は、

  1. メンバーがいませんの相手のトークルームを開く
  2. 右上の「三」をタップする
  3. 「ブロック」をタップする
  4. 「ブロック解除」をタップする

です。

これで相手のアカウントがまだ存在しているのであれば、「メンバーはいません」⇒「相手の登録名」に表示が変わります。

そして、トークルームでは「友だちではないユーザーです」と表示されるので、そこから「追加」をタップすれば再度友だちになることができます。

これらの点を画像でも説明を加えます。

メンバーがいませんの相手とのトークルーム内にて、ブロック⇒ブロック解除を行います。

LINE ブロックからのブロック解除

そうすると、以下のようにUnknownだった相手が表示されて、再度相手と友だちになることができます。友だちだったのに相手が自分を友だち削除したために、「友だちではないユーザーです」となってしまっています。

友だちではないユーザーです

相手とどうしても連絡を取りたい場合にのみ、「追加」をして連絡をしましょう。相手からすれば「あなたは友だち削除した相手」です。

つまり本来は連絡をしてきてもらいたくない相手なんです。その点を理解した上で相手に再度連絡を取るようにしてください。

そうじゃないとまたブロックされて友だち削除されてしまいます。