LINE Outの音質を良くする方法とは?通話品質が悪い場合の解決策
次のような疑問や問題点を解決する記事です。
  • LINEoutの通話音声が聞こえづらい!
  • LINE OUT利用字の音質を改善したい!
  • 音質が良くなくて聞き取りづらいけどどうしたらいい?
  • 通話の品質が良くない!
  • 相手に聞き取りづらいと言われる!
  • どうすれば解決するんだろうか?

通話が聞こえづらいとか、どうすれば音声がキレイに聞こえるようになるのだろうか?という疑問をお持ちであれば、こちらの記事で解決策をお届けします。

LINE無料通話に関しては以下の記事も参考にしてください。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

通話の品質を改善する方法とは?

通話の品質が良くないというのは、インターネットの接続回線が不安定であることが多いです。どういった状況でそのようになるのかというと、地下街のように電波の届きにくい所やビルの中の入り組んだ所などはやはり回線接続も良くありません。

そのため、通話中の音声もうまく聞こえなかったり、自分の声も相手にとぎれとぎれに聞こえてしまっている可能性もあります。

最初に試すこと

このような場合には、まずインターネット接続の良い場所=電波状況の良い場所に行くことが大切です。

ただ、田舎の場合には、そもそもの回線の接続が悪い場合がありますが…。そのような地域ではLINEoutは使えないっていうこともあります。

それで、実際にインターネット接続の良い場所に行ったとして、それでも改善しない場合には、どのようなことをすれば改善されるのでしょうか?

それについて詳しくまとめていきます。

解決策1 アプリを最新バージョンにアップデートする

まず最初に試していただきたいのが、アプリを最新バージョンへアップデートすることです。

アプリが最新バージョンになっているかどうかに関しては、こちらの記事で確認可能です。

そして、最新バージョンになっていないのであれば、アップデートしましょう。

アップデートをするには、iPhoneの場合はアップストアから、Androidの場合にはGoogle Playから最新版にアップデートしてください。

解決策2 使っている端末を再起動する

LINE Outを利用している端末を再起動することで解決できることがあります。

端末を起動してかなり時間が経ってしまっていたり、たくさんのアプリを起動していた場合には、端末内で処理たたまり動きが鈍くなる不具合が起こりやすくなります。

このような場合には、一度端末を再起動させてみましょう。そうすることで、LINEoutの不具合が解決できることもあります。

端末の再起動方法は「端末名+再起動」などでGoogle検索をしてみてください。解決策が出てきます。

解決策3 通信速度制限対象になってないか?

LINE Outはパケット通信料を消費します。

そのため、どんなに電波の良い環境にいたとしても、パケット定額プランなどに加入していて、月間データ量制限を超過してしまっていると、通信速度制限がかかってしまいます。

こうなると、LINE無料電話でも多少影響があるように、LINEoutでも例外ではなく悪影響を与えてしまいます。3G⋅4G(LTE)回線において、おかしいなという場合には、通信速度制限を疑ってみてください。

どうしても音質が改善されない場合

ここまで解説してきたのは

  • 解決策1 アプリを最新バージョンにアップデートする
  • 解決策2 使っている端末を再起動する
  • 解決策3 通信速度制限対象になってないか?

の3つを試してみることでした。

ヘルプセンターから連絡をする

以上全ての確認ポイントを調べてみても、どうしても品質が改善されないっていうのであれば、ヘルプセンターからLINEに連絡してみることがおすすめです。

ヘルプセンターの使い方はこちらを見てください。

エラーやトラブルがあった時には、こちらを利用してみると解決することがあります。

実際のお問い合わせ具体例

以下のようにして項目を選択してください。

  • サービス LINE Out
  • カテゴリ 通話について
  • 詳細 通話について
  • 問題の詳細 ここに具体的な内容を記載する
  • エラーメッセージ
  • 問題が発生したLINEアカウント情報
    • 電話番号やメールアドレスなど

LINEoutを使っていて、どうしても通話品質が改善しないっていうのは、LINEからしても重要問題なので基本的には返信が来ると思われます。LINE無料通話と違って、お金を払って使ってくれているユーザーですからね。