このアカウントの所有者はツイートの表示を制限していますと表示される原因

VOD君

Twitterのリプライを見ていると稀に「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています。詳細はこちら」といった警告文を目にするよね。ツイートされた中身を見ようとしても見れないし、どうしてこの警告が表示されているのか気になっている人も多いんじゃないかな。

本記事では、このツイート内容の表示が制限される原因中身を見る方法について解説しています。まずは、今回の記事内容を簡単にまとめましたので、最初にコチラから確認してみてください。

ツイート内容の表示が制限される理由 ・ツイートしたアカウントが鍵垢だった
・ブロックされている
ツイート内容やアカウントを表示する リプライが付いていれば返信先情報からアカウント情報まで辿れる可能性が高い。ただし、鍵垢の場合はツイートは見れない。

「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限」の原因

このアカウントの所有者はツイートの表示を制限していますと表示される原因

冒頭でも触れたように、誰かのツイートのリプ欄を見た時に「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています。」といった表示をたまに目にしますよね。

管理人通常

ツイート主と会話している相手のリプライ内容が見れない…みたいな感じね。

このアカウントの所有者はと表示されるとリプライ内容が非表示になる

ご覧の通り、「リプライの内容」・「ユーザーネーム」などが非表示になります。この原因としては…

  1. 鍵アカウントに設定している
  2. そのアカウントからあなたがブロックされている(または、リプライ後に宛先をブロックした)

この2パターンが考えられます。

②についてですが、ツイート主にリプライを送った人が何らかの理由でツイート主をブロック…といったケースも該当します。

続いての項目では、「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限しています」と記載されたツイートの内容やアカウント主を調べる方法を解説していきますね。

非表示化されたツイートを表示する方法

このアカウントの所有者はツイートの表示を制限していますの内容を表示する方法

アカウントを制限しています…と表示されていたとしても、その人に誰かがリプライを送っていればアカウント情報をチェックできます。仮に鍵アカウントだとしてもです。

リプライがある場合は宛先が表示される

ご覧の通り、リプライさえ送られていればツイートの先頭に返信先情報が記載されます。こちらに非表示化されているアカウントのユーザーIDが載るため、アカウントまでは辿れる…というわけですね。

ただし、鍵アカウントの場合は基本的にツイート情報を見ることはできません。逆に、鍵アカウントが理由ではなくブロックされているが原因で非表示化されている場合は、あなた自身が別のアカウントに切り替えることで該当するツイートを表示できるでしょう。

VOD君

リプライが付いていない非表示化されたツイートに関しては、アカウント情報もリプライ内容も見ることは出来ないよ。

◇こちらもチェック⇒Twitterで非公開アカウントのツイートを見る方法【鍵垢を合法的に覗き見る】

Twitterの所有者が表示を制限している時の対処法

ツイート内容の表示が制限される理由 ・ツイートしたアカウントが鍵垢だった
・ブロックされている
ツイート内容やアカウントを表示する リプライが付いていれば返信先情報からアカウント情報まで辿れる可能性が高い。ただし、鍵垢の場合はツイートは見れない。
管理人通常

所有者が表示を制限しています…と表示された場合、リプライさえ付いていればアカウント情報まで辿る事が出来るので、今後そういった警告文を目にした時は試してみてね。

VOD君

ただ、非表示化されたツイート(リプライ)に関しては、見れない時がほとんど。これは、警告文が表示される多くの原因が鍵垢に設定しているからだね。