LINE VOOM アイコン

LINE VOOMを利用していてフォローしていたはずなのに勝手にフォローが外れてしまっていることが稀にあります。

こういったときに考えられる原因としては

  1. 相手が自分をフォロワー削除した
  2. 自分が間違って相手をフォロー解除した
  3. LINE VOOMのエラー・障害

の3つがあります。

今回はそれぞれについて詳しく説明を加えます。

記事は下に続きます。



LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

原因1:相手が自分をフォロワー削除した

フォロワー削除

LINE VOOMで勝手にフォローが外れてしまう原因としては、まず第一に、相手が自分をフォロワーから削除したという可能性が考えられます。

参考:LINE VOOMでフォロワーを削除する方法!相手に通知でバレる?

LINE VOOMでは、初期設定では知らない人からのフォローを受け付けるようになっています。そのため、そのことを知らずに利用している方もまだまだ多いです。

そういった方だと、意図せずにおすすめ枠に掲載されてしまい、あなたが仮にその相手をフォローしたとします。そうすると、相手からすれば「なぜ自分をフォローしたんだろう」と思うことになります。

中にはプライベートで利用したいだけなのに、勝手に知らない人から見られたくないっていう人もいるはず。そういった場合には、相手が自分をフォロワーから削除するということがあります。

突然フォローが外れているという場合には、この可能性を疑ってください。

再度フォローするには

こういったときに仮に相手を再度フォローしたい場合にはどうすればいいのでしょうか?

もう一度相手を探すという方法はありますが、相手が「フォローを許可」をオフにしている場合や、あなたをブロックしてしまった場合には、おすすめ枠や検索から探そうにも見つかりません。

基本的には一度フォロワーから削除されてしまったら、再度相手を見つけることは無理と考えたほうが良いです。


原因2:自分が間違って相手をフォロー解除した

LINE

自分が間違って相手をフォロー解除したという可能性もないとは言い切れません。

寝ぼけて操作をしていたり、色々といじっている時に間違って操作をした可能性も疑ってみてください。

再度フォローするには

この場合には、名前や投稿の内容などを覚えているのであれば、再度相手や投稿時の文章を検索することで、再度相手をフォローすることができます。

参考:LINE VOOMの検索・ハッシュタグ検索方法!検索履歴を削除するには?


原因3:LINE VOOMのエラー・障害

障害

LINE VOOMのエラーでフォローが解除されてしまったという可能性もあります。こういった場合には、他にも同様のエラーを経験している人がいるため、Twitterなどで検索をしてみるとわかりやすいです。

参考:Twitter検索・トレンドを活用して大規模サーバー障害を調べる方法

Twitterで検索をして同様のエラー・障害で悩んでいる人が直近で複数人いるならば、LINE VOOMのエラー・障害と考えて間違いないでしょう。

再度フォローするには

勝手にフォローが外れてしまったというのであれば、再度検索をするとか、状況によってはLINE側で障害前後のバックアップを利用して元に戻してくれることはあるでしょう。

まとめ

LINE VOOMで勝手にフォローが外れてしまっている場合には、一番最初に考えてもらいたいのは、相手が自分をフォロワーから削除したことです。これが一番考えられることだと思います。

LINE VOOMにはまだ慣れてない人が多く、おすすめ枠に載っていたとしても、知らない人からフォローされたくなかったという人もいるはずです。

自分がしつこく相手にコメントをしたとか、迷惑行為をしたという自覚がないのであれば、フォロワーから勝手に削除されたとしてもあなたに非があるというわけではないと思うので、あまり気にしないほうが良いでしょう。