YouTube アイコン

YouTubeで一度見た動画を間違って2度目を見てしまったという方も多いのではないでしょうか?

できればまだ見てない新しい動画を見たいと思っていたのに、途中で「あれ、聞き覚えのあるフレーズだな」とか「見覚えのある展開だな」ということで、「コレ前にも見たじゃん!」っていう事に何度もぶち当たってしまうはずです。

自分が一度再生した動画を2度見ないようにするためには、どうすればいいのかについて、私が普段やっていることなどからまとめてみました。

記事は下に続きます。


LINE 未読スルー
LINE恋愛テク
LINE 誤送信
LINE通報
LINEブロック
オプチャ 利用規制
LINE浮気
ツイッター マウント

毎回高評価ボタン・低評価ボタンを押す

YouTube 高評価ボタン

まず第一にやるべきこととしては、普段か「高評価ボタン(GOODボタン)」や「低評価ボタン(BADボタン)」を押すようにすることです。

こうすることでアカウントを変更しない限りは、1度見た動画は「高評価ボタン(GOODボタン)」と「低評価ボタン(BADボタン)」のどちらかが黒くなっているので、2度同じ動画を間違って見ないようにすることができます。

しかし、毎回「高評価ボタン(GOODボタン)」や「低評価ボタン(BADボタン)」を押すのは面倒くさいですし、忘れてしまっていることもありますよね。

また、GOODやBADの評価って最後まで見てみないとわからないところもあるので、どうしても動画の後半になってから押すことになりますが、それだと忘れてしまう事が多いです。

ですから、私の場合はとりあえず最初に「高評価ボタン(GOODボタン)」を押しておいて、あまりにもひどい内容だったら「低評価ボタン(BADボタン)」に切り替えるっていうことをやります。

ただし、「高評価ボタン(GOODボタン)」を押しておくとデメリットもありまして、それに基づいて自分のおすすめに出てきてしまうっていうことや、高く評価した動画の部分にたくさん動画が溜まっていってしまうことです。

一度見たよマークなど、自分用にチェックをしておける付箋のようなものがあればいいんですけどね。

途中再生のバーで確認する

YouTube 視聴履歴

YouTubeでは途中まで見た動画や、最後まで見た動画に関しては、再度視聴しない限りは視聴した部分まで動画の下部分に赤いバーが出ています。

そちらを見ると動画を1度見たかどうかがわかります。

前回視聴時に途中で見終わった動画

YouTube 赤いバー 途中まで

途中で止まっているのであればつまらなかったから、途中で見るのをやめたか、最後まで見たかったけれど途中で見るのをやめざるを得なかった動画です。

前回視聴時に最後まで見終わった動画

YouTube 赤いバー

赤いバーが最後まで伸びている動画に関しては1度すべて見終わった動画です。

赤いバーの位置は更新される

しかし、こちらの確認方法のデメリットは、1度見終わった動画だとしても、再度視聴してしまうと、最新の情報に更新されてしまうことです。

例えば、最後まで見たのにもう一度視聴をして、すぐに視聴をやめてしまったら、赤いバーがほとんど見えず視聴してない動画のように見えてしまいます。

再生履歴を確認する

まだ見てない新しい動画を探す際に毎回再生履歴を確認するっていうのは正直面倒くさいです。しかし、再生履歴を削除してない限りは再生履歴に過去に視聴した動画の履歴は残っています。

そちらを確認することで一度見た動画を再度視聴してしまうことを避けることができます。

まとめ

1度視聴した動画を再度視聴しないようにするというメモのような機能はYouTubeにはまだ備え付けられていません。そのため、「高評価ボタン(GOODボタン)」や「低評価ボタン(BADボタン)」で代用したりなどしないといけません。本来の使い方とは違うので不便な点もありますが。

関連記事

【YouTube】再生履歴を古い順に表示する方法は?視聴履歴の並び替え

YouTubeで再生履歴を保存しない設定方法!一時的にしか対応不可(iPhone・Android・PC)